「置かれた所で咲きなさい」は占星術にも通じる人生の黄金ルールだった!

置かれた所で咲きなさい

「置かれた所で咲きなさい」の意味をはき違えるな

こんにちは。あやみです。
今日もとっても大事な話をしますよ!

渡辺和子さんの「置かれた所で咲きなさい」は皆様ご存知でしょうか。

「いま置かれているところで咲けばいいんだ」とたくさんの人たちの勇気につながったとして、大変絶賛されたのですが、2016年にベストセラーになったあと「ブラック企業に勤めていても、置かれた所で咲きなさい、か?」などと揶揄されたこともあります。

でもでも、ちょっと待ってください。

私に言わせればそれは「読み間違い」です。ちゃんとその本を読んでいない人が言うことです。

速読動画を配信している清水有高さんもおっしゃっていましたが、本を読むとき大事なのは「作者の気持ちになること」。
渡辺和子さんはご存知の通り、カトリックのシスターです。その立場・考え方からの意見を言っている本なんだよ、ってことをふまえて読まないと、前述のように「置かれた所で咲きなさい、ってことはいまどんなつらい状況にあっても逃げるなってことなんだな?」と間違った方向に解釈してしまいます。

実は真理というのはいろんな方向に解釈され、真理を発見した人の思ってもみない解釈の方が大多数になってしまうこともよくあることなんですね。

たとえば親鸞聖人の「罪人こそ救われる」「どんな人でも念仏を唱えれば救われる」という教えは、間違った方向にとらえられやすいため、長い間大衆には読ませてはならない禁忌の本として大切に保管されてきた経緯があったり。

置かれた所で咲きなさい、の本当の意味を聖書から読み解く

渡辺和子さんはカトリックのシスターでしたから、聖書に基づいて考えなければなりません。

単刀直入に言うと、「置かれた所で咲きなさい」ということは「自分以外のところに理想を見出そうとせず、自分のリソース(資産)や環境を最大限に活かしなさい」ということ。

 

私は違う家庭に生まれていたら、もっと賢くなってたのに…

もっと顔立ちが綺麗だったら、彼氏ができてたのに…

こんな性格でなければ、人間関係が上手くいくのに…

 

そう思うことって、誰しも一度ならずありますよね。
でも、聖書にはこんなような言葉があります。

「誰にでも賜物がある。預言する人は預言し、施す人は施し、与える人は与え、仕える人は仕えなさい。」

誰にでもひとりひとり、神様からいただいた賜物ーつまり宝物(リソース)があるはずです。それに優劣はありません。優劣は人間の脳が勝手に決めているものなので、神様にとっては優劣はないはずなのです。

それを精一杯活かして成長していくことが、「置かれた所で咲く」ということなのだろうと思います。

西洋占星術と「置かれた所で咲きなさい」に通じるひとつの真理

占星術の世界では、「ホロスコープ上に出ていないことは起こりえない」というほど、ホロスコープがその人の人生に影響を及ぼしていると考えます。生まれた時のホロスコープがその人の性格・好み・気質・本能・願いなどを創り出しているというのです。

ひとりひとり全く違ったホロスコープを持ち、それら個々が集まってできている人間社会。
優劣があるわけがありませんよね。
それを「獅子座みたいに派手な人に生まれたかった」とか「双子座だったら趣味が多くて楽しい人生だったろうに」など言っていても、おかしなことになります。

ひとりひとりが自分のなかのリソースを認め、ホロスコープを最大限に活かしたとき、本当の自己実現が待っているのではないでしょうか?

太陽を生きるということ

また「太陽を生きる」という言葉も占星術にはあります。

太陽星座、つまり自分のおおもとのリソースですよね。目指すゴールは太陽以外に無いそうです。

月は本能や安心することを表し、金星は好みや価値があると思っていることを表しますので、性格や趣味に影響がありますが、太陽には敵いません。太陽に背いた生き方をすると、人は疲れますし、せっかくのリソースを台無しにしてしまいます。

私が太陽を生きなかったとき

私も、実は失敗経験があります…(´;ω;`)

私は太陽・山羊座の月・蟹座、金星・射手座なのです。歴史や読書が趣味(射手座)、家が好き(蟹座)、土いじりとマネジメントをしているときが一番「生きてるな~」と感じられる(山羊座)という全く全く地味で真面目な女なのです。

でもASCアセンダント(見た目)が獅子座で派手で強そう、ということで一時期勘違いを起こしまして、うっかりウェイウェイする道に踏み入れたことがあるんです(笑)。

その頃はバーで働いていました。水商売ですし、毎週末パーティーでウェイウェイ。山羊座お得意の仕事上手で、仕事と思えばお客さんとお話しするのはとても得意でしたし、蟹座は共感が得意な母っぽい星座で、しかも派手なナリをしてますので男性からもモテました。

その仕事は楽しかったのですが、ある時、すごく人の心を見抜くのが得意なお客様(私はとてもその人が苦手でした)が、私に言い放ちました。

「お前、元が地味なのになんでこんな仕事してんねん。

合うてへんで。

無理して派手なふりして、めっちゃ変やで。

辞めや。」

頭を金づちで殴られたような衝撃でした!
その言葉は、私の心のすべてを見抜いているだけにダメージが大きく、それから私は体が動かず、口もきけなくなりバーに出勤ができなくなりました。軽いうつ症状だったと思います。
他の人からしたら小さい出来事ですが、「地味」だと見抜かれたことは本当に恥ずかしくて…。また自分のリソースにないところに自分探しをしていた、ということもショックでした。

これは私のかなり大きな失敗体験です。いまも思い起こすと悲しい…。

それから私は半ば挫折の気持ちもありつつ田舎に帰りましたが、いろいろあって大好きな農業の仕事をし始めました。実は山羊座は「農耕」を表しているそうです。私のホロスコープはほとんどが山羊座に集まっているので、どうやらそれで土いじりが好きなようです。
そして後に始めたネットショップの事業も、私が苦手だと思い込んでいた小難しいマネジメント理論やビジネス理論を読み解くための才能を呼び覚ましました。

一度苦手のブロックが外れると、ダムが決壊するように様々なことが引き寄せられてきます。
私は田舎に帰ってからの数年間で、おそらく義務教育の時代以上にビジネス関連の勉強に時間を費やしました(笑)。でも学校の勉強よりも楽しくて、スポンジのようにすべての知識が私の中に染み込んでいくような感覚です。

私は農業をしているときと同じように、マネジメント設計をしたりビジネスプランを練っているときが一番自分の力を発揮できると考えるまでになりました。

あのままバーで働いていたら、「太陽に背く」ことを続けており、ストレスフルだったに違いありません。

まとめ:置かれた所で咲くことはホロスコープを活かすことと同じ

手帳にメモすること

  • あなたが置かれた所(ホロスコープ)はどんな場所ですか?
  • あなたが太陽に生きたら、どんな気持ちですか?

気づきを手帳に書いてみましょう。

Have a good one♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)