4/16アストロビジョンボード™️作成会を開催します

ポポのプロフィール

太陽牡牛座月山羊座だが月に海王星がくっついており星と手帳部イチの甘えんぼキャラ。加入と同時に妹ポジションに収まる。
しかし「なんとなく」早稲田大学法学部を卒業後、司法書士になったという人並み外れた頭脳の持ち主。双子座・牡牛座が強く、知識欲に忠実で読書量は1日1冊を超える。
人生に迷いハワイでインド人コーチにヨガのトレーニングを受け、ヨガ講師の資格を取得。
現在は司法書士をしながら、ヨガを副業で教える日々。
ブロガーの誹謗中傷による損害賠償請求訴訟ができる司法書士(ただし訴額は140万円以下)
シロクと出会ってからは西洋占星術にどハマり中。
星と手帳部ではもちろん法律回り担当。

 

「星」に出会うまで、自分の本当の望みが分からず、選択の失敗ばかりしてました。

例えば、、最初の就職先→司法書士(法律専門職)試験合格後、初めての就職先選び。地元で地域密着型の司法書士事務所を経営するのが将来の目標なのに、なぜか日本最大手の司法書士事務所に就職。当時の自分の理由は、「会社組織で苦労した方が、後々色々な相談者の気持ちがわかるから。」当然仕事内容と自分がやりたかったことが全然違うギャップ・そして時間外労働の多さに耐えられず1年で退職。

結婚及び離婚→地元に帰りたい気持ちがあるのに、転勤族&将来は東京で家業を継ぐ予定の人で、今思えば性格・価値観が全く合わない人と結婚。壊滅的に生活習慣が合わず体調を崩し約1年間で離婚。結婚するときに思っていたのは「私が頑張って合わせればきっと大丈夫!」全然大丈夫じゃなかったです。。

この2つの体験は私にとって大きな挫折でした。何をやっても続かない子だって周りに思われるんじゃないか、その場では良いと思って選択しているのに、いざやり始めるとすぐに辛くなってしまう。。。自分の選択に全く自信が持てなくなりました。

ヨガ&コーチングとの出会い

上記のようなことが続くと、私のどこかがおかしくて似たような問題を引き起こしているんではないか、そう疑うようになり、心理や人生哲学、幸せになる方法などの本を読んだり、ネットで調べたりするようになりました。

そして自分探しをしているうちに出会ったのがハワイ在住のインド人のヨガ&コーチングマスター(以下「師」とします。)です。

師から学んだことはいっぱいありますが、

・ヨガ的生活をするとめっちゃ体の調子がいいこと!

・今までの思考法が自分を幸せにするためには全然役に立たない思い込みなこと!

あぁ、今まで一生懸命考えていたことはなんだったんだ!ってめっちゃ落ち込みました。

「ポポは人生は山あり谷ありがいいと思ってるね。ハッピーハッピーリラックスの人生もあるんだよ。」

師に言われて印象的な言葉です。私は山羊座に天体が4つあって、苦労した方が人生に深みが出る、みたいな思い込みがありました。だからわざわざ苦労しそうな選択肢を選んでいたことにもやっと気が付きました。

ハッピーハッピーリラックスの人生の方がいい!!今はそう思ってます。

 

西洋占星術・星と手帳部との出会い

ヨガをやってリラックスや幸せを感じることはできるようになったものの、自分は一体何がしたいんだろう??私の人生の目的はなんだろう???そういった疑問がずっとありました。

シロクさんの西洋占星術に出会い、「ポポちゃんは太陽と木星が牡牛座だけど3ハウスに入ってるから、自分が価値のあると思えることを教えたり発信しないと稼げないよ。あとふたご座に天体が多いから色々な知識をかじるといいよ。」そう言われて、すごく腑に落ちました。発信する場を探していたところ、巡り合わせで運よく星と手帳部のメンバーになることができました。

私の目標はめっちゃ個人的

星と手帳部のメンバーで合宿をした際、「憧れの人ワーク」をしました。

私は、ちょっと落ち込んだんです。あやみさんの憧れの人が偉大すぎて。。理由もなんかちょっとカッコいいんですよ。マザーテレサは奉仕の精神があるからとか、ジャンヌダルクは社会を改革した人だから、とか、その人の人生に憧れてるんですよね。

対して私が憧れてる人は「お金持ち・賢い・美しい人」、ですからね。めっちゃ浅はかっぽくないですか!!

でも、恥ずかしいと照れる私の横で、シロクさんが「そうか私は強くありたいんだ!」ってはっきり主張してたんです。

そして、その時私はああ、シロクさんにとって強くあることはすごく大切なんだな、応援したいなって心から思いました。

一方、私からしたら素敵な憧れの人がいるんだなって思っていたあやみさんはすごく恥ずかしそうにしてました。「成り上がりたいとか中二ぽくて恥ずかしい」って。

私はその時、すごく素敵な目標なのになんで恥ずかしいんだろう?だってこれが叶ったらすごく社会の役に立つから頑張って欲しい、とこれまた応援したくなったんです。

私の憧れの人に対しては、「そんなに欲しがれることはいいことだよ。自分の知識を使って豊かになりなよ」って肯定してくれたんです。

なんで人の目標は応援できるのに自分の目標は恥ずかしがって否定するんだろう?そう思ったら自分の目標が受け入れられるようになりました。

「お金の話するとめっちゃいい顔するね」合宿中に、シロクさんに言われた言葉です。そう、私はお金の話をするのが大好きな女です。

友達に何か特技があれば、「めっちゃ稼げそう!」

不用品があると聞けば、「メルカリで売ればいいじゃん!」

旅行に行くと聞けば「○○のアプリで飛行機探すとめっちゃ安いよ!」

思い返すと、私はお金の話にすぐ繋げます。特に個人で稼ぐことを考えるとワクワクします。それなのに、大きな組織で働こうとしたり、専業主婦になってみたり、全く自分の星を生きていませんでした。

そこで葛藤が生まれてうまく行かなかったんです。本当の心からの望みを知ること、それが大切です。

星と手帳部の良いところは種々の手帳ワークを通して、色々な価値観を比べることができるところです。比べるのは自分と相手の優劣を決めるためじゃなくて、みんな違うんだな、ってみんなの価値観を尊重したり、分析して、自分の価値観をより深く理解するためです。

みんなの考えを尊重できると不思議と自分のことも肯定できます。こんなに色々な人がいるなら私もいいじゃんって。

ポポの野望

・1年中暖かく暮らす。冬だけハワイに住んだり、断熱の効いた家を建てる。

・好きなものに囲まれた暮らしをする。

・美しく健康である。

・好きな時に、好きな場所に行って、好きなことを勉強する。

・自分が価値があると思うことを人に教えて幸せな人を増やす。

 

めっちゃ個人的です。でも社会的な大きいことはそういうことが得意で好きな星の人に任せればいいんです。

みんな違ってみんな良い、とはこのことです。

自分のことになるとそうは思えない人が多いのではないでしょうか?

それができるようになるのが星と手帳部です。

あなたの入部をお待ちしてます。